www.tacoo.biz

ようやく取引する時という段階では、まずは事前準備をおろそかにしてはいけません。トレードを始める前であったならばその物を落ち着いて調べる事が出来ます。しかし、ただ一度トレードの内側へ立ち入ってしまうとどう試みても見解が独りよがりになる事が多く、ちゃんとした判断が分からなくなる可能性があります。そのために自分の考えが論理的な段階でちゃんとした準備をしておくことが不可欠です。事前準備とは、始めに自分だけの台本を考える事から始めます。マーケットはああだから、ユーロを取引するというふうに、自分だけのストーリー展開を考えていきます。次は為替チャートをチェックしよう。それまでの市場の動きを見つめて、今日の位置を確かめます。すると、「現在は結構低すぎる水準にあるな」など、他には「もうすでに大多数の方々がエントリーしているからこの後大急ぎで取引してもすでに間に合わないな」ということが見えてくる。無論今さら買い(または売り)するのがやりようがないと考えたら、手を出さないで、それはあきらめることか不可欠です。どう工夫しても自分の物語を貫いて無理やりトレードすると、外国為替市場に跳ね返されてしまいそれどころか損することになる危険性があります。もっともかなりのケースで、用意周到に自身のシナリオを描いていればエントリーが間に合わないなという具合にはなりません。具体的に為替相場が変化する前のはずだから。次は、とりあえずはあなた自身が売り買いしようと考えている通貨ペアの変動を、きちっと点検する事が必要です。もし、円安になるであろうという筋書きを書いたのであればその通貨の変動に用心しておきます。マーケットの変化をチェックし始めたときでは、ドル円は分かりやすく推移する気配を見せず上下に小幅な上下動を繰り返しているだけだろう。でも、その上下動をきちんと確認しているとある状況でゆっくりと、ドル高の方向へと向い始めます。このタイミングで初めてドル買いの新規注文を出すのだ。通常、十分に用意を考えておけばその売買で利益を上げる確率は高くなります。

Link

Copyright © 1996 www.tacoo.biz All Rights Reserved.