最も妥当な対策はこれよりいいものは期待できない

初心者用のFX取引の情報では、「損をした時はナンピンすることで、全体の平均の買い付け価格を下げることができる」等述べられているがそれには大きな危険性が待ち受けています。大阪永久脱毛

まず最初に、ナンピンのやり方について手短に記述しておきます。秋葉原脱毛サロン

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。アルケミー 口コミ

ドル買いなので円安に向うほど儲けが出るわけですが思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高に推移したとします。アイフル金利

この場合持ち続けたとしたら損失が回復するまでには、5円分ドル高が進まなければなりません。アイフル審査の流れは?【申し込みから借り入れまでの詳細!】

皆さん、赤字は出来るだけ早く取り戻したい考えるでしょう。池袋医療脱毛

このためはじめにエントリーしたのと同じ額の$を、1ドル=95円で取引します。アイキララ 口コミ

すると、全体の買い付けコストは1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。お金を借りる

その結果、2円50銭の幅で円安ドル高が進めば、赤字を失くせます。キャッシング申込

これが、ナンピンのやり方です。http://www.cleaningservicebergen.com/

こういうふうに、ナンピン買いのやり方を耳にすると「まちがいない」という風に思うが、相場はそう容易には思うようにはいきません。

もとより、95円が下限だとということなど誰にも分かるはずがありません。

仮に、為替がかなり強い円高基調だとすると、1ドル95円では下げ止まらずに、一段のドル安が進む危険性が高いです。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安に向ったらナンピン買いしたポジションにも、マイナスが生じることになってしまうのである。

それでは、初めに注文したドルとあわせて、更なるマイナスが生じます。

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

ならば、市場が自身の物語とは逆に行ってしまった場合どういった方法でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

選ぶべき術は多くはありません。

最初のひとつは観念して、損を確定する事です。

もうひとつの手段としては、今、自分が所有している買いポジションを少なくして為替相場が回復するのを大人しく待機する事です。

相当主体性のない方法だとみる投資家もいると思います。

だけど、自分が保持している買いポジションに差損が出た時、最も妥当な対策はこれよりいいものは期待できない。

無論、ロジックのうえでは、ナンピンをするという対策もあるように思える。

しかしながらナンピンは、自身が損失を披っているにもかかわらず、買いポジションを小さくするどころか逆に買いポジションを積んでいく対策です。

これでは、リスクをコントロールすることなどどうやってもできないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをしていけばいつかは儲けが出るかもしれません。

だが、その前に資金はマイナスになってしまいます。

Copyright © 1996 www.tacoo.biz All Rights Reserved.
モビット金利 新宿脱毛サロン 新宿全身脱毛