ワクワクする新築の家

残った灰の再利用方法

これらの薪ストーブ 長野にご相談ください。
薪ストーブを使っていると、薪が燃え尽きた後の灰が出ます。
薪のほとんどが燃え尽きてしまうので、残る量はそれほどありません。
このサイトで評判の薪ストーブ 八ヶ岳にお越し下さい。
また残った灰は断熱材の効果があり、薪ストーブの温度の低下を防いでくれので、わざわざ片付けなくてもいいのですが、私はこの灰を再利用しています。

 

評判のいい薪ストーブ 山梨へご一報を下さい。
まずは薪ストーブの掃除です。
掃除といってもきれいにするのはストーブのガラス窓です。
窓も薪の燃焼であまり汚れませんが、窓の下の方の温度が比較的低いところは、汚れてしまうことがあります。
その時に灰を使って掃除すると、きれいになります。
私は古くなった手拭いを使いますが、キッチンペーパーや新聞でもきれいにできます。
まず手拭いを濡らし、灰を手拭いに付けます。
その手拭いで優しくガラスを擦ると、きれいに汚れが落ちます。
最後は手拭いの灰を付けてない面できれいに拭き取って終了です。
手拭いならば1枚で作業を完遂できます。
薪が当たって付いた黒い汚れは落ちにくいのですが、何度かに分けて繰り返すと、きれいにすることができます。

 

このサイトで薪ストーブ 諏訪へご連絡下さい。
2つ目は、肥料として使います。
灰にはカリウムという養分が豊富で、植物の根の成長を促す効果があります。
ですからジャガイモといった根菜類の肥料として最適です。
ホームセンターでは同じような肥料として草木灰という肥料が1kgで1000円程度で販売しています。
余った時はご近所に配ると、喜ばれます。

 

このように私は灰を再利用していますが、燃え尽きた灰まで使えるので、薪ストーブはとてもエコな暖房器具だと思います。
お調べになる際には薪ストーブ 販売の資料をご覧ください。